ギフハブの組織は存在するか?結論

ギフハブという謎の組織。ASKAがミヤネ屋で発言も本当に実在していて話題に上がっているようです。

本当に実在しているのでしょうか?

その可能性は‥
ギフハブの正体について

ギフハブの正体、その結論

フハブの正体、今のところ出ている結論としては、GitHub(ギットハブ)という憶測が飛び交っているようです。
GitHub(ギットハブ)とは、ソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービスのことです。

GitHub(ギットハブ)ではアスカがいうような、高度なアプリは存在しないと否定してるとのこと。

結論としては、妄想の可能性が高いということですが、
万が一存在したとしても、それはそれでそこまでの高度な技術がある組織を証明するのは難しいといえるでしょう。

そもそもどうやって「自分がはじめてかもしれない」という秘密を知ることができたのでしょうか?ここも疑問が残るところです。

違う角度(アスカ視点)から見ると、妄想だともみ消されるよう仕向けられた、という可能性も無きにあらずですが、それを言えばキリがないといえるでしょう。

結論としては「知らないものは存在したとしても見えない」
ということであり、妄想はいくらでも膨らませることはできます。
どちらにしても今の時点では「存在しない」ということになるのかもしれません。

追記情報

もし新しい情報が入れば、随時追加してまいります。